地域医療連携室


地域医療連携室とは?

地域医療の中核を担う医療機関の連携窓口として、1地域の診療所・病院との医療連携業務、2患者さまやご家族、関係機関からの相談支援業務、3広報活動を行っています。

また、地域の医療機関の医師(開業医など)によって、より詳しい検査、又は入院・手術などの専門的な治療が必要と判断された患者様に対して、適切な医療を提供しております。

その他、『24 時間体制で救急医療の提供』、『地域の医療機関との連携』を図り、高額医療機器などを共同で利用できる体制、地域の医療従事者の資質強化を目的とした研修を行うなど、地域医療の充 実に努めております。

どうぞお気軽にご利用下さい。











かかりつけ医について

かかりつけ医とは、「日頃から健康管理のアドバイスや初期医療を受けられる、“地域の診療所や医院 の医師”のこと」です。地域医療連携室では「かかりつけ医」を持つことを勧めています。
普段からある程度患者さまの健康状態などを把握している為、迅速な診断が受けられるほか、より詳細な検査や高度な医療が必要であると判断された患者さまを、速やかに専門病院に紹介する機能を持っています。

※初診の患者さまは、かかりつけの病院・診療所からの『紹介状』をご持参くださることで、紹介状の内容をもとに適切な治療を行うことができます。
(それまでの治療経過や使用している薬の内容などが書かれているため)